リングア カリン系の銘木

リングアは説明が若干難しい樹種です。大学教授様の木の研究サイトや、海外のファクトリー、その他国内のサイトなでいろいろ調べましたが普通に解釈するとリングアは、インドカリンでカリン系の樹種としています。当社でもそのスタンスです。

マメ科Pterocarpus属 Pterocarpus indicus

落葉性の広葉樹 Lingua(Linggua)

産地:インドネシア
比重:気乾比重0.62~0.7

リングア インドネシア

学名的な区分では、本カリンとリングアは以下のようになります。

本花梨:Pterocarpus macrocarpus 

リングア:Pterocarpus indicus

本カリンと比較して黄色い部分も多く、少し趣が異なります。ただし本カリンも実際のところ黄色い部分が含まれ、全体的に鮮やかな赤く統一されたような商品は大半がUV塗装品で調色されています。

リングアのフローリング

色合いはなんとなくインドネシア産チークに似ているように感じます。ただし赤褐色な部分もあるため経年変化を含めるとチークとはまた違う趣があります。

OPCや幅広材が準備できる樹種で、圧倒的な存在感と高級感を醸し出します。植林材なので持続可能な提供か可能な樹種の一つです。

寸法安定性が良く、幅広材が多く120㎜幅 150㎜幅の製造が可能です。現在はOPCの製造も可能で本カリンなどでは工場によりUNI以外受け付けてくれない工場もあります。

本カリンと比較した場合、価格的に非常に魅力的で日本国内では少しマイナーな樹種ですが海外では家具や床材としても高級材として取り扱われています。

自然オイル塗装

リングアはウレタン塗装(UV塗装含む)などで調色され塗装される商品が多々あります。これは本カリンと同種と言う意味で、本カリンに近づけて赤系の商品として販売されています。ウレタン塗装商品としては木そのものは上質なので非常にきれいな仕上がりとなります。

左:リングア UV塗装調色

左2:リングア UV塗装クリア

右2本:チーク FJL UV塗装調色

チークも白太部分を目立たなくするために調色塗装が施されています。

自然オイル塗装でも似たような仕上げは可能となります。但し、OPCか乱尺に限る

リングア 調色
オイル塗装 左:着色 右:クリア

当店の取り扱について

無垢フローリング OPCおよび乱尺仕様を取り扱います。

加工の種類

無垢フローリング リングア OPC 150㎜幅

OPC(一枚もの) 1820×150×15
四方本実加工

無垢フローリング リングア OPC 120㎜幅

OPC(一枚もの) 1820×120×15
四方本実加工

無垢フローリング リングア 乱尺 150㎜幅

乱尺 RL×150×15
四方本実加工

無垢フローリング リングア 乱尺 120㎜幅

乱尺 RL×150×15
四方本実加工