チーク インドネシア産とミャンマー産を並べてみました。

インドネシア産チーク 無塗装とUV塗装 UNI プレミアムグレード(A級)が入荷しました。(2018年7月更新)

さっそくサンプル用および商品チェックのため一箱開封しました。

1年以上前ですが、ミャンマーチークにAUROを塗装した物が1箱あったので並べてみました。

左:ミャンマーチーク プレミアム AURO

右:チーク プレミアム オスモカラー(つや消し)

明るめのキャラクターと落ち着いた色合いという感じでしょうか。

 現在ミャンマーチークは高騰しすぎて残念ながら現在入荷しておりません。在庫はUV塗装のみとなります。

基本的に両方ともチークの木でインドネシア産は計画植林されたチークとなります。ミャンマー産は天然のチークで大径木から切り出されます。木材としての性能はチーク材なので基本同じですがミャンマーチークのほうが色に深みがあります。ほとんど好みの問題だと思います。

倉庫入り口にサンプルを並べています。

ミャンマーチークのUV塗装は光沢30%

インドネシアチークは光沢10%で非常に自然な仕上がりです。

(オスモカラーはつや消し)

ミャンマーチークの裏に隠れてるのはラオスチークUV塗装です。

(ラオス産は伐採が早いのか環境なのか分かりませんが鉱物線が多くトラ模様のような雰囲気です)

ミャンマーチーク UV塗装はこちらから

チーク オスモカラーはこちらから

チーク UV塗装つや消しはこちらから

※ラオス産チークは展示してあるのみで当社では仕入れしておりません。