サーモウッド処理材について

サーモウッド技術で製造された木材で、寸法安定性・腐食性などに非常に優れた構造に変化させます。

サーモウッド技術は、フィンランドで発明された技術で薬剤に頼らずに水と空気で木材の耐久性を高める加熱木材処理技術です。

 

サーモ材:炭化木材

英語で書くと、Carbonized Wood 日本語では炭化木材

そのネーミングから炭っぽいイメージがあります。製造は材木を特殊炭化窯で処理し、材木そのものを改良し、水に強い安定性のある材と生まれ変わります。その工程は炭を作る工程と同じで上記のようなネーミングが付けられています。

特殊炭化窯を検品のついでに製造工場を見学させていただきました。

木から出るタール?で窯はベッタリしています。

窯内です。当然ですが、撮影時はただの空間です。

ここで製造られた、材木をフローリング工場でフローリングへと加工されます。

サーモ処理材はもともと、野外での利用を前提に作られた技術です。ここの工場でも、椅子や、プランターなど作られてました。