床暖房対応と非対応の違いは?

床暖房対応と非対応の違いは?

含水率を低くすることで寸法安定性を高めたモノが床暖房対応材として扱われます。

通常の無垢フローリングは、含水率が10-12%で製造されます。含水率が高ければ乾燥・湿気に対して木が水分を吐き出したり、吸ったりして膨張縮小を繰り返します。床暖房では強制的に床を温めるため無垢材に対して非常に乾燥が進んだりして、木の伸縮が大きくなります。

そこで、床暖房対応は予め含水率を低く製造してこの木の伸縮を少くすることで床暖房での利用を可能にしています。さらに、裏面の加工によりソリなどを軽減します。

含水率を低くするには通用より多く人工乾燥することで低く抑えます。それにより製造コストが高くなり床暖房対応材は高くなります。また使用する部位についても基本的に柾目の材のほうが伸縮が少なくより安定性の良い材を使うことで価格も高くなります。

樹種によりチークのような元から寸法安定性の優れた樹種は床暖房対応でなくてもある程度利用できます。

しかしながら、無垢材の床暖房対応材でもやはり床暖房で利用する場合ある程度の隙間が発生するのでそれについてはご理解が必要となります。

 

当サイトで取り扱う床暖房対応は、すべてサーモ処理(高熱乾燥処理)を施したさらに寸法安定性の優れた素材のみを床暖房対応として取り扱っています。

よくあるお知らせTOPページへ戻る