ページトップへ移動

ウッドデッキ

 

 フィンランドで生まれた新しい木材 高熱乾燥処理技術

 

  薬剤を全く使用せず「」と「」だけを使用して、さらに室内用より高温で高熱乾燥処理を行い、屋外における木材の耐久性能(防腐性・虫に強い)を高めた、人と環境にやさしいウッドデッキ材です。 

 ウッドデッキ材では、室内用の床板よりさらに高温で処理することで耐久性や防虫性を高めます。

サザンイエローパインが、炭化木材:サーモウッドデッキとなります)

 

高熱乾燥処理木材(炭化木材炭化木材:サーモウッドデッキ)について詳細はこちらから


無垢ウッドデッキ

 ウリンサザンイエローパイン

 


[取り扱い注意事項]

・無垢材は、空気中の水分変化によって[膨張]と[収縮]を繰り返します。この為、少の反りや割れが発生する場合がございます。

・天然木であるので1枚1枚木目や色が異なります。

・経年による変色について。日当たりの良い場所や、直射日光により変色します。これも天然木により味わいと考えて下さい。

・虫に対しては、基本的に乾燥時に高温処理を行うため死滅します。ただし、施工後になんらかの原因で虫害が発生した場合、本商品は自然素材のため保証対象となりません。ただし、施工前の虫害などについては対応いたします。

・縦方向(長い方向)に発生した開いた割れ、裂けは問題としますが、細い糸筋状のものは強度にはほぼ影響が無いため問題なしとします。

・自然乾燥が進行する過程で生じる細かく短い干割れはも強度上問題ないことから、問題なしとします。

・施工の際には部材に下穴をあけてからデッキ用のビスで止めてください。

・材質が硬く、ネジ山がとんだり、部材が割れてしまう事があります。

・特に炭化木材には、金属類を直接木材の上に置かないで下さい。