樺桜(カバ桜)は、辺材は白色から淡い桃灰色で、心材は淡い赤褐色から褐色です。辺心材の境目は明瞭で、木理はほぼ通直、肌目も緻密で重硬で強靭だが、加工しやすいです。

 A=プレミアム:B=セレクト:C=ナチュラル:D=ワイルド

 

自然塗装で木の質感を

 カバ桜の優しい木目を生かし、空間の雰囲気に合わせた塗装も行えます。

 オイル系塗料(オスモカラー・リボス・アウロ・プラネットカラー・ルビオモノコート)

 

※お客様のご希望で他メーカーのオイルも選択可 

 

着色系オイルを使用してお好きな色にコーディネイトも可能です。