ページトップへ移動

オスモカラー ウッドワックスとフロアカラー チーク系色

人気のオスモカラーの着色系塗料について

床用の塗料としてオスモカラーの基本ラインナップは

・フロアクリアー

・フロアカラー

となります。

着色塗装については、フロアカラー登場前はウッドワックス+フロアクリアーが標準仕様となっていましたがフロアカラーの登場で基本的に塗装はフロアカラーを使用しています。

ただ、この2つ色が表現がかなり違い、色により色合いもかなり異なります。

このあたりはお客様のご希望の色で対応します。

 

無垢フローリング アカシア 1820*90*15 UNI ナチュラルグレード オスモカラー TK色

塗装:オスモカラー フロアカラー#3072(アンバー) 2回塗り

実は、1番左1枚だけ:オスモカラー ウッドワックス#3166(チーク)です。

ww-fc2-ww

素地の色が変わればほぼわからないレベルです。

じっくり比較すれば、気持ちウッドワックスのほうが濃いような感じがします。ただ並べて分かる程度で単独で置かれて何色?と聞かれたらわからないレベルです。

ただし、ウッドワックスを選択する場合のメリットもあります。仕上げにフロアクリアを塗装しますがここでつや消しを指定することが可能です。フロアカラーは基本3分つや有りとなります。

フロアカラーも、もう少し薄い色がいいい場合などフロアカラー+フロアクリアの塗装も可能です。アカシアなどの比較的素地が濃い材に着色する場合は、フロアカラー1回。フロアクリアーと言う選択肢もおすすめです。特にフロアカラー(テラ)など濃い塗料の場合など

 

チーク系の色はかなり似ていますが、ウッドワックス ウォールナットとフロアカラーテラはかなり色合いが違います。

近日中に比較画像を公開します。

« »