ページトップへ移動

無垢フローリングができるまで

 無垢フローリングの製造工程を簡単に紹介します。

 無垢材なのでまずは原木のを調達する必要があります。

 原木は業者に依頼するか、自ら産地に足を運び選定するなど方法があります。

 muku_photo1 muku_photo2

 カットされた製材はまず人工乾燥機でじっくり乾燥されます。

 その後木材を加工して、再度乾燥させます。

 muku_photo4 muku_photo5

 すべてを1つでする工場もあれば、乾燥後材を仕入れ製造する工場など工場規模によりことなります。

 その後はサネ加工や、裏面のミゾ、表面の仕上げなど各工程毎に専用の機械で仕上げます。

 muku_photo6 muku_photo7

 フィンガージョイント品は接着の必要があるので、接合部分に接着剤を塗ります。当然この接着剤も安全な接着剤を使用します。

 muku_photo12

 ここで一度中間検品

 muku_photo8

 塗装品は、このあと塗装ラインに流します。塗装後も塗装ムラや仕様に間違いないかなどないかしっかりチェックします。

 muku_photo9 無垢フローリングの検品作業 02

 こちらが検品中にひっかかった商品

 e3

 

 無垢フローリングは天然木の、大量生産品なので、正直すべてに100%の品質は保証できませんが現地工場社員および当社にて厳しく品質については管理しております。

 それでも年間に数件、問題のある商品も正直でてきますがそれについては無償で交換させて頂いております。

 

 

 

« »