ページトップへ移動

無垢フローリングの無塗装材の水の染み込みについて

無垢フローリングだから無塗装で使いたい。ただ無塗装では汚れやシミが付きやすいで無塗装での利用は推奨していません。

 

そこで簡単な実験です。

 

無塗装、自然塗装材に水滴を垂らしてその染みこみを見てみました。

 

tmaple-notサーモメープル(炭化木材)

 

左:無塗装

右:自然塗装(蜜ろうワックス)

サーモ処理を施したから染み込みにくいとかは一切ありません。逆に通常のメープルより染み込みやすいのではと思わせます。サーモ処理により脂質や糖質などがかなり減少するため吸水率が上がるかもしれません。

蜜ろうワックスは、蜜ろう成分で撥水し内部へは紫蘇油、向日葵油が浸透し保護します。

 

a-n-not赤松(オウシュウアカマツ)とナラ

 

左:赤松(オウシュウアカマツ)無塗装

右:ナラ無塗装

両者とも吸収しました。

若干ナラのほうが吸水が悪く感じましたが、これは表面のサンディングの有無の違いかもしれません。通常生活で使用した場合、シミや汚れが付きやすく目立つと思われます。

 

 

acas-not樺桜とアカシア

 

上段:樺桜無塗装

下段左:アカシア無塗装

下段右:アカシア自然塗装(蜜ろうワックス)

樺桜はナラや赤松同様すぐに染み込みました。アカシアは多少は染み込みますがこれまでの樹種とは違い染み込み速度が遅く表面張力を多少保っています。東南アジアではアカシアもウッドデッキ材として使われてるようです。アカシアの自然塗装は当然ながら非常によく水を弾きます。

 

pyin-notピンカド

 

ピンカド無塗装

 

こちらもアカシアと同じ南洋系の材料でピンカドです。ピンカドはデッキ材でも利用され港湾施設の重構造材や海中の建造物にも利用されるぐらい耐久性があります。

こちらは非常に寸法安定性よく無塗装での利用も可能かもしれません。木が非常に硬く店舗の床に最適ですね。

 

 

asia-notアジアンウォールナット

 

左:無塗装

右:自然塗装(蜜ろうワックス)

 

アジアンウォールナットは、デッキ材の利用など聞かないので水を弾かないかと思いましたがピンカド以上に水を弾いていました。こちらも非常に硬く店舗などにおすすめです。アジアンウォールナットは膨張・伸縮があるので野外での使用が無いと思われます。色も濃いのでシミや汚れが目立ちにくそうです。

 

自然塗装品は、塗装後2-3ヶ月経過したものです。

 

非常に短時間での簡易的な実験なのでこれが全てでは無いと思います。

« »