ページトップへ移動

等級:B級のフローリング材

  B級は質が悪いのでは?

 

(2016年6月度よりA-Dの等級からグレードに変更:プレミアム・セレクト+、セレクト・ナチュラル・ワイルド)

 など疑問をお持ちのお問い合わせや、B級は実際どの程度の品なのかなどお問い合わせがございますので、等級について紹介します。(またネット上ではB級は質が悪い・・・などの記事もございます)

 当サイトで販売する商品の等級(現在はグレード)は、以下の表に表すように、節の有無や大小、白太、色違い、鉱物線の有無などそのバランスより表しています。

 一般的に製造工場表ではA,B,C,Dなどで各樹種により定義します。ただし、この定義も工場により異なります。

 

 この等級にもいろいろあり、同じB級でもUNI商品などは、その継ぎ枚数異なる場合があります。一般的には1820mmのUNI商品では、3-5枚を継いで製造しますが、なかには4-6枚継ぎの商品もございます。当然ながら前者のほうが原価が高くなります。

 

 あと一番誤解が多いのは、品質的に、AがよくBが悪いと思われてる場合がございますが基本的に、節、白太、色違いなどが等級の基本です。

 ただし、節の有無や柾目、板目などで伸縮率が異なるのでそのあたりで誤解がある場合があるかもしれません。

 

 基本的に、AからD級までは商品仕様を表し品質の等級ではありません。A級からD級まですべて同一品質で製造されます。 

rank-dete

現在は、A級=プレミアム、AB級=セレクト+またはセレクト、B級=セレクト、C級=ナチュラル、D級=ワイルド 

 

樺桜 等級:B級 セレクトグレード

066

 これは、樺桜のUNI B級を箱から出して並べました。

 小さな節がありますが、非常に美しい樺桜のフローリング材です。特に節が目立つ部分を中心に画像に収めています。

 こちらはナラのB級自然塗装品です。ナラのB級は多少の白太が混じります。

nara-b480-1

 いかがですか?

 

 非常に高品質な無垢フローリング材を提供します。

« »